Kの独白 日常ジャーナル

気付いた僕のこれから

僕に自死はできない

僕は今、生きるか死ぬかの瀬戸際にいる。

 

精神的な問題である。

 

僕は多くの時間がないと精神的に弱ってしまうので通常に働くことが不可能な状態にある。しかし、一応社会人である。

 

そのため、実家に帰省しようと思った。

この場合は、帰郷なのかもしれない。

 

神経衰弱を起こしているので、人が周りにいてくれないと死んでしまいかねない。

 

しかし、飛び降りや轢死などはしないしする予定もない、悪いことをしていないのになぜ自ら死ななければいけないのか。

 

生活保護も考えたが、月6万円で狭い部屋にいるのは精神的に発狂してしまう。

最低限の暮らしとは誰の最低なのだろう。

 

僕は、寿命や病死、事故死で死ぬこと以外ありえないということになれば僕はどうしたらいいのか。

 

とにかく、金と居場所だ。

 

居場所は正直、ない。

金も、ない。

 

なんと、すがすがしい生まれたままという感覚だ。

失うものが何もないというのは案外楽である。

 

自死出来ないのだから、強いもんだ。

 

餓死しそうになったらなんでも盗んで生きるつもりだ、そのくらい許容されるであろう。なにしろ仏教の国なのだから。

 

人間故に予想されることを未然に防ぐ、予防を健康面でも金銭面でも衰弱と枯渇に気を付けていこうと思う。

 

とりあえず、知だ。

 

人間は知なしでは生きていけないものだから。

 

八時間労働には、はらわたが煮えくり返るほど憤慨しているが僕の予想では五年以内に六時間程度になると予想している。

 

さあ、三度目の人生だ。

 

悔いがなきように生きよう。

生物として男として

我々は人間と決めた生物の一つです。

 

ですので、何か超常的な存在ではありません。

 

動く仕組みが必ずあり、いつか全て解明されるでしょう。

 

生物なので、増える行為を増殖を行います。

減数分裂をして人間は増えます。

 

そこからわかるのは、男は女を求め、女は男を求めるということです。

たまに同性を求める人がいますがそれは繁殖のためではないので今回は触れません。

 

男は発情しやすいので繁殖行為を疑似的に行います。

避妊具を使用する繁殖を目的としない行為を指します。

 

生物なので増えすぎると飢える可能性や争いの要因になるので一定数よりは増えないようになっています。

 

なので男は溢れんばかりの性欲を持てあますことになりますので変な奇行に走ってしまいがちです。

 

生物のオスですからメスを追い求めるのが正常かなと思いますが、自慰行為で事足りてしまうことが結構問題ではないでしょうか?

 

男は強くないといけないと思います。これは否定したくなる精神的に鍛錬の足りない軟弱者がいると思いますが人間の場合そういうものです。

 

鍛えなければ最愛の者を守れないのですから。

体然り、精神然り、頭脳然り。

 

精神論は必ず必要になります、出来ると思わなければ何もなしえません。

 

生物として、男として優秀になりメスを女を得に行くことが男の使命であります。

ダイエット企画①

ダイエットってホントは過度の肥満でない限り必要ないんです。

 

でも、僕はランニングが好きなので痩せます。

 

172cmで78kgなのでかなりデブです。

現在、4.5kmを1kmあたり4分55秒くらいで走ります。

 

見てくれがよくなることはもちろん普通にデブはしんどいですからね、痩せましょう。

 

とりあえず、食事は3回で朝はヨーグルトで昼は普通に食います、そして夜は野菜中心で肉をたまに食べます。

そして、歩いたり走ったり自転車をこいだり、登山をしたりします。

 

これで来年には60㎏くらいになっていると思います。

 

経過は追って報告します。

信じられるか

何かを始めるにはその対象を出来る、行える自分を信じているということになります。

出来なかっても開始時点では信じていたのです。

 

自分を信じないと継続はできないですし、始めることさえ困難です。

 

ではどうしたら信じられるのかは、幼少期にまで遡り話をします。

 

~はよくできて偉いわね、など褒められたりして自身を肯定してくれた人が周りに多いと自分はできると思えたり挑戦して失敗しても大丈夫だという心のよりどころが形成されるみたいです。

 

とはいえ、褒められなくとも否定されようとも出来る人はいます。

もうこれは運というか個体差としか言いようがありません。

 

だって、脳が信号を送るんですから感覚、僕たちの意識はそのあとになりますので自由意志の存在すら怪しいものです。

 

ですが、環境を変えることにより信じられるようにすることもできます。

むしろ、人間の自由意志のなさを逆手に取るのです。

 

僕たちにはなんでもはできないが出来ることはできる、世界が眼前におびただしいほど存在しています。

 

どれを選ぶか、どれを信じるか、どこに属するか。

 

自分を信じて、選んでみてください。

 

自由意志はないんじゃないのかと思われる方も、そんなことを気にしてもどうしようもないのでとりあえずやりたいことを考えてみて実行してください。

僕を知るには

僕のことを知る人は多くありません。

しかし、僕のことを知るというのは経歴や見た目、資格などでしょう。

内的な思考は別に知られることは必要ではないかもしれない。

 

ですが僕を知ることは僕には必要です。

僕は僕の扱い方はを知らないといけないのです。

人を不快にしてしまうことがりますし、自分でも極力健康的な精神で生きたいのです。

 

僕は言葉を用いて思考をします。

ですので語彙を増やすことは対人ではなくともあれば助かるものなのです。

それは決して衒学的なものではなく僕のためなのです。

 

必死に生きようとしています。

 

過去を振り返ったときに集約出来ない、要約出来ない濃い内容の人生を欲しています。

学習は情報を脳に入れる行為と引き出す行為、応用する行為は単調です。

 

しかし、そんなことはしたことがないのでこれから開始します。

 

単調なのか知りたい。

 

時間は有限、確実に有限なのです。

有言実行にて節約するのです。

実感を、クオリアを得るのです。

 

必要になるものは記録媒体です。

ノート、コピー用紙、タブレット端末です。

あとは、筆記用具です。

 

自分を知るには行動に対する変化、行動を知ることです。

これはアイパッドにて管理します。

 

学習進捗、範囲、復習間隔、時間管理など行います。

そして、結果はこのブログで発表します。

 

『有言実行』

 

そして、僕の人生の根幹を支える言葉である

 

『調べ尽くす』

 

に恥じない行動を行います。

 

明日から始めます。同時にプロジェクトがあります。

 

①学習

②ダイエット&筋トレ&ランニング

③動画作成 Youtube 

です。

 

行動一覧やその時の心境なども動画にしたいと思います。

 

適切に管理すれば何でもできると思っています。

 

だって生まれてから学校や仕事で嫌でもしてきたんですから。

 

僕を知るために行動するのです。

 

応援してください。

 

 

好きなことで生きれるのであれば

僕は自転車や徒歩で外出することが好きです。

 

もしそれで生活できる程の金銭を得ることが出来ればいいなと思います。

 

youtubeにはその力があると思いますので試験的に開始しようと思います。

身バレは別に気にしていません。

 

誰かが言っていました、もし自分のことをずっと思ってくれる存在があれば生きていけると。僕はそんな存在になりたいのです。

 

誰かがどこかでずっと移動しているだけですが、お遍路も同じようなものだと思います。

 

四国では外国人がよく遍路をしているのをよく見ました。

 

僕にはまともな仕事はできません。

 

 

絶望と再起

僕は多分病気です。

 

死にそうなほどに内側から感覚が外に出たがっているようだ。

 

しかしこういう状態は長くは続くことがないことを知っているので散歩に出かけました。

 

夜の一時ですが出かけます、パトカーもありますが反射材とライトを持っていると身元確認されません。

 

再起なんて言葉を使うのは間隔的に短いので変ですが、僕の場合は再起という漢字があっています。

 

こんな感じで日常を発信します。